和成顕示
安慶飛凱
会社紹介
和成顕示

江蘇和成顕示科技有限公司(以下「和成顕示社」と称する)は、上海飛凱光電材料股份有限公司が2017年9月に和成顕示を買収することにより、飛凱材料社の全額出資子会社となった企業である。

和成顕示社は2002年に設立され、液晶ディスプレイ素材の研究開発、生産及び販売を専門とするハイテク企業である。和成顕示社は南京市秦淮区白下高新技術産業園区に位置する。和成顕示社は、「江蘇省フラットパネルディスプレイ素材工程技術研究センター」、及び「江蘇省企業技術センター」という二つの研究開発基地を有するとともに、南京六合区に大規模な生産基地を有している。

中国産の液晶材料の主な供給メーカーとして、和成顕示社は終始自発的イノベーションを続け、継続的に新しい製品や新しい技術を開発し、自社が自主開発し且つ自社が知的財産権を保有する液晶化合物及び配合製品は、国際的な液晶大手メーカーの技術独占を率先に破り、フラットパネルディスプレイ用液晶材料業界のリーダー的企業になりつつあり、中国国内のパネルメーカーの重要なサプライヤーとなっている。中国国内市場のみならず、韓国、日本、台湾などの海外市場にも製品を販売している。

従来から、和成顕示社は革新及び発展を経営理念に、ディスプレイ関連素材の研究開発と産業化に専念し、グローバル市場におけるディスプレイ素材分野の優秀な企業となることを目指している。


安慶飛凱
商品紹介

  

  

  

安慶飛凱
ニュース
まだデータがありません